ダンディなおじ様のようになりたい20代女子のブログ

ベジタリアンへの一歩

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ダンディパンダライオン
ダンディなおじ様に憧れる20代女子。職業ヨガインストラクター。大学時代はスポーツ科学を専攻。趣味は読書、アニメ鑑賞、クラシックミニ、機械式時計、甘いもの・美味しいご飯を食べること、モフモフの動物をモフること。誰もが生きやすい世の中になったらいいと思っている。

どーも、ダンディパンダライオンです!

 

今夜の夕飯はお鍋でした。

野菜や厚揚げを入れて出汁で煮込むだけ

簡単・おいしい・温かい♪

一人暮らしの寒い冬にはもってこいです^^

 

さて、今回のテーマは

『ベジタリアンへの一歩』ということで…

 

私はこれまで普通にお肉やお魚を食べてきました。

お肉もお魚も美味しいし、大好きです。

 

でも、最近「動物を食べるのをやめたい」

と思う出来事がありました。

 

お付き合いをしている彼と

次回のデートの話をしていたときのことです。

 

長井海の手公園ソレイユの丘に行って

可愛い動物たちをみて癒されて、それからバーベキューをしよう!

「動物を見て、動物を食べよう」

 

彼の一言が、私の胸に刺さりました。

 

私がこれまで食べてきた動物は、

誰かが私の代わりに動物を殺して、切り刻んでくれたものです。

もともと生きていたものです。

 

それを、私自身が動物を殺すところからやれと言われたら

私にはできません。

 

私は幼い頃から生き物と暮らしてきました。

金魚やインコ、ハムスター、クワガタやカブトムシ、猫、犬…

彼らには感情がありましたし、人間と同じように、一生懸命生きていました。

 

食卓に並ぶ鶏・豚・牛・魚たちも、

きっと一生懸命生きていたのです。

 

当たり前のことですが

私はこれまでそこに向き合わずにきました。

 

自分が動物の命を奪っているということを

認めたくなかったのかもしれません。

 

散々食っといて、いい気なもんです。

 

 

最近動物のお肉を食べようとすると

「あぁ、変わり果てた姿になってるけど

このお肉も、もともとは生きていたんだな」

と思うようになりました。

 

私も生き物だから、

何も食べずに生きることはできません。

でも、自分が動物の命を奪うのが苦しく感じます。

 

それなら、動物を食べなければいい。

 

植物も生きているけど、

そこまで制限したら何も食べれなくなって自分が死んでしまいます。

私はまだ生きたいので、植物は食べようと思います。

 

自分の心の安定のために、

いきなりは難しいだろうけど

少しずつベジタリアンに近づいてみよう。

 

やってみて、やっぱり動物食べなきゃいられない!

となったら、命に感謝して、全てを受け入れていただこう。

 

 

今日の午後

ショッピングセンターの中のフードコートで食事をしようとしたとき、

動物のお肉を使っていない料理がほとんどないことに気が付きました。

 

朝からあんぽ柿2個しか食べていなかったのでお腹が空いていました。

何か食べたいけど、動物は食べたくない。

 

考えた末、チョコクレープを食べました。

 

あれ?卵入ってた…

 

ベジタリアンと言っても、

いくつものタイプに分かれているそうです。

  • ビーガン(植物性食品のみを食べる)
  • ラクト・ベジタリアン(植物性食品と乳製品は食べる)
  • ラクト・オボ・ベジタリアン(植物性食品と乳製品、卵は食べる)
  • ペスコ・ベジタリアン(植物性食品と魚、卵、乳製品は食べる)

今さら聞けない、ビーガンとベジタリアンの違い!

 

私は肉・魚は避けたいです。

卵は…無精卵だからいいかな。

でも卵を産み続けるために生まれた鶏、可哀想だな。

乳製品は…以下のブログを読んでいたら、避けたくなりました。

https://scotyakko.exblog.jp/6622576/

 

食べなくて平気なら、食べない選択肢をとりたい。

でも、食べなきゃ体調を崩したりして

どうしても食べなきゃいられない身体ならば、

 

命をいただいて、

いただいた命を背負って生きていこう。

 

自分を生かしてくれている全てのものに感謝(人)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

0
この記事を書いている人 - WRITER -
ダンディパンダライオン
ダンディなおじ様に憧れる20代女子。職業ヨガインストラクター。大学時代はスポーツ科学を専攻。趣味は読書、アニメ鑑賞、クラシックミニ、機械式時計、甘いもの・美味しいご飯を食べること、モフモフの動物をモフること。誰もが生きやすい世の中になったらいいと思っている。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ダンディパンダライオンのほのぼのブログ , 2018 All Rights Reserved.