ダンディなおじ様のようになりたい20代女子のブログ

(ダンディ)パンダライオン誕生!!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ダンディパンダライオン
ダンディなおじ様に憧れる20代女子。職業ヨガインストラクター。大学時代はスポーツ科学を専攻。趣味は読書、アニメ鑑賞、クラシックミニ、機械式時計、甘いもの・美味しいご飯を食べること、モフモフの動物をモフること。誰もが生きやすい世の中になったらいいと思っている。

どうも!ダンディパンダライオンです!

今日は、(ダンディ)パンダライオン誕生の秘話(?)をお届けします^^

 

それは今から13年ほど前、

私が中学1年生の梅雨のある日のことです…

 

当時公式戦0勝の決して強いとはお世辞にも言えないハンドボール部に

私は所属していました。

 

強い雨が降り校庭は湖状態だったので、室内で練習をすることになりました。

体育館はバド部とバスケ部が占領していて使わせてもらえないので

校舎の廊下や階段を走ったり、教室で筋トレしたり、

座ってキャッチボールするのが定番のメニュー。

 

しかし、“部”とは言え

“サークル”のようなゆるさを誇る我がハンド部では

練習前のおしゃべりは当たり前。

なかなか始まらない練習。

まして室内連とあれば、1時間はしゃべり続けます。

根が真面目な私としては、忌々しき事態です。

 

恋バナで盛り上がる先輩たち

恋とは無縁の私 + 同期1名

両者の溝は深まるばかり。

 

しびれを切らした私と同期の友人は…

 

ついに黒板に落書きをはじめました!!(オイ!練習しないんかい!)

 

はじめは動物の絵を書いたり、

相合傘を書いたり(愛々傘って書くと思ってた!)、

絵しりとりをしてました。

それにも飽きてきた私と同期は、

黒板に書いてあった絵をいじり始めました。

髭を生やしたり、アフロにしたり…

 

そしてついにその瞬間が訪れたのです!!

パンダにライオンのタテガミを書き足して

「パンダライオンだ!!」

 

こうして(ダンディ)パンダライオンの原型である

パンダライオンは誕生したのです。

 

大雨、体育館を使えない環境、先輩たちのおしゃべり、

黒板に落書きする私たちの不真面目さ…

この全てが揃わなかったら、ヤツは誕生しなかったでしょう。

 

その全てに感謝。

だって、そのおかげで私は今こうして(ダンディ)パンダライオンの名を語って

ブログを書いていられるのだから。

 

 

そうだ…

このブログを開設するためにネットで検索した時に

宮城県を中心に活動されている

音楽グループのパンダライオンさんがいらっしゃる

ということに気づきました。

 

せっかくだからと初めて聴いた曲は羽生結弦さんへのメッセージが込められた

「君が描くキセキ」

心にじんわりきました。

震災後、ボランティアに行ったときに見た

東北の海岸沿いの様子を思い出しました。

 

「パンダライオン」という名前にも深い意味が込められているようです。

 

こちらのパンダライオン誕生は偶然の産物ですが

被らないようにとつけた「ダンディ」は

英語圏の「dandy」が意味するところを指す訳ではなく

あくまで日本語の「ダンディ」

渋くて大人っぽい、男らしいカッコよさといったニュアンスで使っています。

 

ビックにはならなくても

いつか音楽グループのパンダライオンさんのように

誰かのお役に立てる私になりたいです。

0
この記事を書いている人 - WRITER -
ダンディパンダライオン
ダンディなおじ様に憧れる20代女子。職業ヨガインストラクター。大学時代はスポーツ科学を専攻。趣味は読書、アニメ鑑賞、クラシックミニ、機械式時計、甘いもの・美味しいご飯を食べること、モフモフの動物をモフること。誰もが生きやすい世の中になったらいいと思っている。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ダンディパンダライオンのほのぼのブログ , 2018 All Rights Reserved.